Matsuno-Lab

matsunolab.exblog.jp

Journalism & Media Studies

f0361918_10360451.jpg


大学受験パスナビ
学部長インタビュー「総合政策学部の魅力って何?」
# by matsuno-lab | 2016-12-18 14:58 | メディア


年齢差80歳!
今回の多摩探検隊は、清瀬ジュニアリーダーズクラブの小学生たちが、東京都清瀬市にある特別養護老人ホームを訪問しました。おじいちゃん、おばあちゃん、そしてホームで働く方々から、どのようなお話を聞くことができたのでしょうか?初めて見る設備に驚くリポーターの表情や、食事リポートにも注目です。
# by matsuno-lab | 2016-12-01 17:41 | 多摩探検隊
第36回「地方の時代」映像祭(NHK、民放連など主催)で、FLP松野ゼミが制作したドキュメンタリー「元特攻志願兵の証言」が奨励賞を受賞しました。

贈賞式は、11月12日、関西大学で行われました。
監督は、名越大耕(経済学部4年)。作品は、14分。
10分バージョンは、こちらでご覧いただけます。

f0361918_10360355.jpg

# by matsuno-lab | 2016-11-12 17:56 | ニュース
2015年11月某日。一本の列車が東京都西国分寺駅から出発しました。「ひまわり号」と呼ばれるこの列車は、障がい者と共に旅行をする貸切列車です。まだバリアフリーが進んでいない1982年に東京都北区のボランティアにより始められ、全国に広まりました。東京都国分寺市に住む春口明朗さんは、「ひまわり号」を32年にわたり支え続けています。
笑顔が途絶えない「ひまわり号」に長年関わり続ける春口


# by matsuno-lab | 2016-11-01 01:01 | 多摩探検隊
【特集 1】
「ゼミや研究室での学びが将来を左右する」

・映像制作を通して、社会の厳しさを乗り越える力を養う  中央大学 FLPジャーナリズムプログラム 松野良一ゼミ

ゼミの紹介と、ゼミOB(現在NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」のディレクター)のインタビューが掲載されております。ぜひ、お読みください。

f0361918_10360388.jpg

# by matsuno-lab | 2016-10-01 19:07 | ニュース
小金井市のたばこ店の店番をする柴犬のシバ君。店はシバ君に会おうという客により賑わっていました。しかしたばこ店は昨年閉店してしまいました。第135回の多摩探検隊に出演したシバ君は今何をしているのか。再会しに行きました!会えるでしょうか


# by matsuno-lab | 2016-10-01 17:50 | 多摩探検隊
太平洋戦争末期、日本軍の最終兵器「風船爆弾」を製造していたのは、まだ10代の女学生達でした。この兵器がアメリカで死者をだしたことを知り、被害と加害の間で葛藤してきた元女学生たち。アメリカでの被害と彼女たちの今を追い、「平和とは何か」考えます。

# by matsuno-lab | 2016-09-01 18:13 | 多摩探検隊
「風船爆弾」はこれまで、いろんなメディアが取り上げてきました。今回は、大学生の視点でドキュメンタリー制作に挑戦しました。
-------------------------------
戦況が悪化した太平洋戦争末期、日本軍は最終兵器として「風船爆弾」の製造を開始しました。そして、その任務を担ったのがまだ10代の女学生達でした。当時、製造にあたった女学生の記憶をたどり、「平和とは何か」考えます。

# by matsuno-lab | 2016-08-01 23:09 | 多摩探検隊


# by matsuno-lab | 2016-07-27 20:33 | ニュース


# by matsuno-lab | 2016-07-07 01:10 | ニュース
環境省から絶滅危惧種に指定されているミゾゴイ。春から夏にかけて、日本でのみ繁殖をします。江戸時代には身近な存在でしたが、現在その姿を見つけることは難しく、1000羽しか存在しないと言われています。
そのミゾゴイがあきる野市で発見されているとの情報を聞き、リポーターが調査してきました。果たして伝説の鳥を見つけることができるのでしょうか。

# by matsuno-lab | 2016-07-01 14:08 | 多摩探検隊
52年にわたって愛されてきた多摩動物公園の「ライオンバス」が、3月末で休止することになりました。その「ライオンバス」の物語を追いました。

多摩動物公園によれば、バスの発着場となっている建物が老朽化し、数年かけて耐震工事を行うために休止したそうです。


# by matsuno-lab | 2016-06-02 01:09 | 多摩探検隊


# by matsuno-lab | 2016-05-21 22:40 | ニュース
高い能力を持つ犬・シェパードは、その多くが警察犬として活躍しています。しかし、わ­ずか1、2年の任期を終えると、中には殺処分に回される犬もいます。高い能力を持った­犬を救い、その能力を一般家庭で役に立てることを目的に、2003年に緊急通報犬育成­協会が設立されました。緊急通報犬として第2の道を歩むある犬の姿を追いました。


# by matsuno-lab | 2016-05-01 14:30 | 多摩探検隊

FPSニュース配信

中央大学総合政策学部に関するニュースの動画配信「FPSニュース」を、学生たちがスタートさせました。今後、英語、中国語でも発信されていきます。

f0361918_10360279.jpg

# by matsuno-lab | 2016-04-01 18:23 | ニュース
第144回 多摩探検隊 「たま」~現存する最古の電気自動車~
今回の多摩探検隊は、現存する日本最古の電気自動車「たま」についてお送りします。「たま」は当時立川飛行場に勤めていた飛行機のエンジニアによって開発され、2010年には日産社員によって、開発された当初の状態に再生されました。終戦直後の歴史に翻弄された「たま」と「たま」にまつわる人々の思いにリポーターが迫ります!

f0361918_10360200.jpg

# by matsuno-lab | 2016-04-01 01:00 | 多摩探検隊
2007年から戦争を体験した中央大学関係者を取材し、証言を記録する活動を続けてきました。その成果は、『戦争を生きた先輩たち』(2巻、中央大学出版部)にまとめられました。

今回は、3巻目であり完結編です。タイトルは、『戦争の記憶をつなぐ 13の物語』(中大出版部)です。この本は、中大の台湾人学徒兵、朝鮮人学徒兵の証言記録も盛り込みました。

取材は、ゼミ生が行いルポルタージュという形で執筆しております。後輩の学生たちが読みやすいように、等身大の無理のない文章に仕上がっております。

山本五十六司令長官の伝令だった軍楽兵、沖縄に水上特攻した戦艦大和の乗組員の証言も掲載してあります。
ぜひ、ご一読ください。

f0361918_10360158.jpg

# by matsuno-lab | 2016-03-28 18:43 | ニュース
FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミの11期の追い出しコンパが行われました。今年は、銀座でした。

f0361918_10360124.jpg

# by matsuno-lab | 2016-03-19 18:15 | ニュース
f0361918_10360160.jpg


年間を通し学外で優秀な業績をおさめた個人、団体に贈られる学生奨励賞を2つ受賞しました。

個人賞の渋谷健一賞は、「戦争と中央大学」のシンポジウムで上映され大きな反響を呼んだドキュメンタリー「元特攻志願兵の証言」を制作した名越大耕くん(3年)が受賞。

団体賞の学員会会長賞は、「青い目の人形物語」「八王子空襲の謎」等のドキュメンタリーがさまざまなコンテストで受賞したFLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミ(ゼミ長:平木場大器くん、3年)が受賞しました。
# by matsuno-lab | 2016-03-16 19:14 | 受賞
第142回 多摩探検隊は、
「対馬丸生存者の記憶 −中央大学と戦争−」です。

1944年8月22日、沖縄の海にて、米軍潜水艦が放った魚雷が一隻の疎開船を襲いました。犠牲者は約1500名、その大半は幼い子ども達でした。今回の多摩探検隊は、中央大学という絆を辿り対馬丸事件生存者の記憶を辿りました。

f0361918_10360045.jpg

# by matsuno-lab | 2016-02-01 15:53 | 多摩探検隊
<番組紹介> 1945年8月2日に起こった八王子空襲。この空襲は、事前に米軍が予告していたにも­かかわらず多くの人の命を奪いました。人々が亡くなった背景には、2つの理由がありま­した。今回の多摩探検隊は、空襲被害者の証言を元に八王子空襲の謎に迫ります。

f0361918_10360066.jpg

# by matsuno-lab | 2016-01-01 21:42 | 多摩探検隊
f0361918_10360055.jpg


12月の多摩探検隊は、ドキュメンタリー「動物の義肢装具士 -日本初の挑戦-」です。

東京都町田市に日本で初めて動物のための義肢装具を製作した方がいます。6人に1人がペットを飼っていると言われる現代の日本。日本初の動物専門の義肢装具士と飼い主の思いを追いました。

多摩探検隊も、今月で140本目となりました。
# by matsuno-lab | 2015-12-01 10:02 | 多摩探検隊
「地方の時代」映像祭(NHK、民放連など主催)で、ゼミで制作したドキュメンタリー「青い目の人形プロジェクト」が、奨励賞を受賞しました。

卒業した4年生が、取材、撮影を、多摩地域と米国メリーランド州で行い、後輩が編集を行いました。2学年にわたるコラボで作品を完成させました。制作にかかわったスタッフのみなさま、おめでとうございます。

f0361918_10360035.jpg


f0361918_10360002.jpg

# by matsuno-lab | 2015-11-14 15:13 | 受賞
FLPジャーナリズムプログラム松野良一ゼミが制作したドキュメンタリー2作品が、このほど開催されたヒューマンドキュメンタリー映画祭(阿倍野)で入賞しました。

「青い目の人形プロジェクト」(17分)
f0361918_10355921.jpg


「飛行機の神様~元一式陸上攻撃機パイロットと空の記憶」(16分)
f0361918_10355961.jpg


<「ヒューマンドキュメンタリー映画祭」サイト>
http://hdff.jp/2015/contest2015

<受賞作品の視聴について>
下記ホームページでも作品(ショートバージョン)が、ご覧になれます。
「多摩探検隊」 http://www.tamatan.tv/archives/
# by matsuno-lab | 2015-09-30 02:17 | 受賞

会を果たしました。今回の多摩探検隊は、中央大学出身の­一人の特攻志願兵の物語と平和への思いに迫ります。

ゼミ活動の一環で、戦争の時代を生きた中央大学の先輩たちを、平和の時代を生きる現役の学部生たちが取材し、ルポを書き綴ってきました。
成果は、書籍『戦争を生きた先輩たちⅠ、Ⅱ』(中央大学出版部)にまとめられています。現在、3巻目も編集中です。
今年から、動画版も制作し、後世に残す計画です。その第1弾です。本編は長いのですが、これはケーブルテレビで放送用の10分バージョンです。
# by matsuno-lab | 2015-09-01 02:24 | 多摩探検隊
第136回 多摩探検隊 (2015年08月放送)
『青い目の人形』と戦争ーDoll Project and Warー

1927年に日米の文化的な交流のため、13000体の青い目の人形が日本に贈られてきました。しかし、太平洋戦争では敵国人形として大量に壊されてしまいます。今回の多摩探検隊は、多摩とアメリカでの取材を通して、多摩地域で88年の時を経て語り継がれている青い目の人形物語を追いました。

f0361918_10355986.jpg

# by matsuno-lab | 2015-08-01 20:53 | 多摩探検隊
東京都小金井市の名物看板犬・シバ君。日本だけでなく、世界中から、シバ君に会い訪れる観光客であふれています。今回は、女子大生リポーターが店番をしながら、シバ君を訪ねてくるお客さんたちにインタビューしました。柴犬ファンなら見逃せない一本です。
f0361918_10355887.png

# by matsuno-lab | 2015-07-01 23:42 | 多摩探検隊
今回の多摩探検隊は、清瀬子ども放送局をお送りします。清瀬市の子どもたちが、毎年行­われる「移動動物園」をリポートしてきてくれました。可愛らしい動物たちと元気いっぱ­いの子どもたちにご注目ください!
f0361918_10355878.jpg

# by matsuno-lab | 2015-06-01 19:55 | 多摩探検隊
f0361918_10355827.jpg
終戦直後、東京都調布市ではどんぐりの粉を使用したパンが作られていました。それは戦後の深刻な食糧不足を補うためでした。今回の多摩探検隊は、戦後の食糧難に対応するため製造されていた「どんぐりパン」についてリポートします。
# by matsuno-lab | 2015-05-01 18:14 | 多摩探検隊
f0361918_10355750.jpg

元々捨てられる運命にあった廃材で作られた「組み木絵」。廃材の木目と色のみで表現される組み木絵には、製作家の自然へのメッセージが込められていました。今回の多摩探検隊は、日の出町に暮らす組み木絵作家の技と思いに迫ります。
# by matsuno-lab | 2015-04-01 16:59 | 多摩探検隊

Journalism & Media Studies


by matsuno-lab