Matsuno-Lab

matsunolab.exblog.jp

Journalism & Media Studies

出版しました!

「映像制作で人間力を育てる-メディアリテラシーをこえて-」(田研出版)を出版しました。

映像制作というプロセスには、チーム内部でのディスカッション、外部の取材先との接触、撮影と編集、完成した映像によるフィードバックなどを含んでいます。これらが、コミュニケーション能力や交渉力、表現力など、総合的な能力の開発、育成に大きな教育的効果をもっていることを実践例を踏まえて紹介しています。

映像制作はこれまで、メディアリテラシーの視点から論じられることが多かったのですが、メディアリテラシーだけでなく、それをこえた教育的効果があると指摘しています。

f0361918_10354599.jpg

# by matsuno-lab | 2013-03-19 10:46 | 出版物

学生奨励賞授賞式

中央大学で最も活躍した学生、ゼミに授与される渋谷健一奨励賞、および中央大学の同窓会である「学員会」の会長賞を同時受賞しました。2012年度における、松野ゼミの活動が認められました。

受賞理由は、ゼミで制作した複数のドキュメンタリーが全国規模のコンテストで多数入賞し、マスメディアで報道されると同時に、中央大学の名声を高めたということです。

f0361918_10354418.jpg


福原学長を囲んで記念撮影しました。

ちなみに、松野ゼミでは、同時受賞は、5年連続。渋谷健一奨励賞および学員会会長賞は、どちらも通算6回目の受賞となります。
# by matsuno-lab | 2013-03-15 21:42 | 受賞


東京にも「限界集落」に近付いている村があります。東京都桧原村です。
村で唯一の医療機関、「檜原診療所」では外来診療だけでなく、診療所まで来られない患者のために訪問診療も行っています。「村のお医者さん」として、20年以上にわたり診療を続けている一人の医師の日常を追いました。
# by matsuno-lab | 2013-03-01 20:32 | 多摩探検隊

台湾228事件について

f0361918_10354483.jpg


TBSメディア総合研究所が発行している放送専門誌『調査情報』に、台湾228事件について執筆しました。

メディア漂流
大学におけるジャーナリズム教育【12】
「悲情城市」の証言 —台湾二二八事件(前)

台北228紀念館に展示されている中央大学の学生帽から、持ち主、提供者、遺族を探しだしてインタビューしております。

f0361918_10354454.jpg

# by matsuno-lab | 2013-03-01 00:09 | 出版物

合格弁当

f0361918_10354332.jpg


なぜか、入試の監督者に配布された合格弁当。
# by matsuno-lab | 2013-02-17 20:28 | ニュース

水がおいしいことで知られる昭島市。その豊かな水を活かして「蛍を育てる」「豆腐を作る」「藍で染める」という活動を行っている三人の方々に出会いました。リポーターが様々な体験を通し、昭島の水に迫ります。
# by matsuno-lab | 2013-02-01 23:17 | 多摩探検隊
東京ビデオフェスティバル2013で、FLP松野ゼミで制作したドキュメンタリー2作品が、それぞれ、優秀賞、佳作を受賞しました。
f0361918_10354313.jpg


作品は、こちらでごらんいただけます。

優秀賞: 「被災地との絆~日の出町から田野畑村へ」
25年前、東京都日の出町の中学生たちが、修学旅行で、岩手県田野畑村を訪れていた。しかし、3・11の津波で田野畑村は壊滅的打撃を受けた。修学旅行の時の恩返しをしようと、日の出町の中学生OBOGたちが「応援する会」を立ち上げた。小さな町と小さな村の心の交流を描いたドキュメンタリー。

佳作: 「砂川の記憶~57年目の証言」
57年前、急に立ち上がった米軍立川基地拡張計画。北側の「砂川地区」に滑走路を延長しようとする内容だった。これに反対する農民、労働組合、学生たちの闘争は、「砂川(基地)闘争」と呼ばれた。その事件から57年目の現実を、貴重な映像と証言で追いかけたドキュメンタリー。
# by matsuno-lab | 2013-01-19 20:44 | 受賞


1月の多摩探検隊は「探せ!多摩の謎の生物」です。「あきる野市に謎の生物が生息してい る」という噂を聞きつけたリポーターがあきる野市を訪れ、その生き物の正体に迫りました。リポーターは謎の生物を見つけることはできるのでしょうか。
# by matsuno-lab | 2013-01-01 00:22 | 多摩探検隊
f0361918_10354331.jpg

# by matsuno-lab | 2013-01-01 00:10 | 多摩探検隊
f0361918_10354351.jpg



「東京ビデオフェスティバル2013」で、ゼミ生が制作した2作品が入賞しております。中央大学FLP松野良一ゼミ。最終結果発表と表彰式は、1月19日です。

砂川基地闘争を証言で描いた「砂川の記憶−57年目の記憶」と、東日本大震災における岩手県と東京都の小さな村と町の交流を描いた「被災地との絆~日の出町から田野畑村へ~」です。こちらでごらんになれます。
# by matsuno-lab | 2012-12-10 09:27 | 受賞

今回の多摩探検隊は、「昭島子ども放送局」をお送りします。昭島市立つつじが丘南小学校の3年生4人が、自分たちの通う小学校と学校近くにある風変わりな図書館をリポートしました!小学生らしい元気いっぱいのリポートをお見逃しなく!
# by matsuno-lab | 2012-12-01 09:50 | 多摩探検隊
2012年第1回One Minute Videoコンテストで優秀賞を受賞した作品が公開されました。


f0361918_10354204.jpg

# by matsuno-lab | 2012-11-07 11:33 | 受賞
f0361918_10354285.jpg

FLP松野良一ゼミで制作した作品「城南子ども放送局~城南特別支援学校」が、
京都国際インディーズ映画祭」で審査委員賞を受賞しました。
作品は、こちらでごらんいただけます。
# by matsuno-lab | 2012-11-07 10:33 | 受賞


東京都国立市に住む丸山さんは、日本に2人しかいない銭湯背景画絵師の1人です。 映画「テルマエ・ロマエ」にも登場した背景画を描いた職人です。彼はどうして50年以上にもわたって描き続けることができたのでしょうか。彼の技と人生に迫ります。
# by matsuno-lab | 2012-11-01 22:14 | 多摩探検隊


今回の多摩探検隊は、戦後の秘話に迫ります。

1953年6月18日、米軍立川基地から飛び立った米軍輸送機「C-124グローブマスター機」が小平市に墜落し129人が死亡しました。朝鮮戦争の前線から立川に戻り一時休暇を過ごした米兵を乗せて、再び朝鮮半島に向かう途中でした。

事故直後に米軍が現場を封鎖し情報統制したため、その詳細は明らかにならないままでした。航空機事故としては当時史上最大の死者を出したこの米軍輸送機墜落事故について、目撃者の証言や貴重な写真資料を元に迫ります。
# by matsuno-lab | 2012-10-01 08:21 | 多摩探検隊
# by matsuno-lab | 2012-09-29 22:55 | メディア

奥多摩でゼミ合宿

f0361918_10354156.jpg

FLPゼミの9期から10期への引き継ぎ合宿が、奥多摩町で行われました。毎年、貸切です。

f0361918_10354289.jpg

3年生は就職活動突入、2年生がゼミ長と制作プロデューサーを引き継ぎました。
# by matsuno-lab | 2012-09-18 18:07 | ニュース


東京都町田市に住む塚本義房さん。30年以上にもわたって古くなったまな板や解体された木材からバイオリンを作り続けてきました。「廃材を音に蘇らせて、多くの人に聞いてほしい」と、オーケストラでも廃材バイオリンを弾き続けています。多摩に住むバイオリン製作家の人生に迫ります。
# by matsuno-lab | 2012-09-01 10:55 | 多摩探検隊
f0361918_10354199.jpg


多摩探検隊が第100回放送を迎えたのを記念して、ゼミのOBOG+現役生があつまりました。

結果的に、駆け付けてくれた人の数は、入れ替わり立ち替わり最終的に合計で60~70人にも上りました。やはり、番組を苦労して制作、完成させたという経験は、何物にもかえがたい宝物ですね。
# by matsuno-lab | 2012-08-25 23:55 | 多摩探検隊
ケーブルテレビ8局で放送していただいている「多摩探検隊」も、8月で100回を迎えました。

まったくの素人の学生が、2004年5月から毎月10分のドキュメンタリーを制作し続けるという努力を続けてきました。

この「多摩探検隊」という番組が、多くの優秀な(?)学生たちを育ててきたと言ってもよいと思います。

f0361918_10354124.jpg

# by matsuno-lab | 2012-08-25 21:23 | 多摩探検隊
f0361918_10354179.jpg
日本ユニセフ主催(文部科学省後援)の「One Minute Video コンテスト」で、優秀賞を受賞しました。

審査員の、マリ・クリスティーヌさん(左)から賞状と記念品を頂きました。

松野ゼミの基礎演習(1年生)で制作した作品で、ゼミ生にとっては最初の作品でした。
400本近い作品の中から、3本の優秀賞が選ばれました。
タイトルは「Help Each Other」。オランダで行われる世界大会に出品されるそうです。
# by matsuno-lab | 2012-08-03 22:46 | 受賞
f0361918_10354195.jpg

八王子市生涯学習センター南大沢分館、中央大学FLP松野良一ゼミ共催
「僕たちはなぜ戦争を記録するのか~多摩の戦跡を追って~」を開催しました。

約30名の方にお越しいただきしました。ありがとうございました。

「ランドセル地蔵」「湯の花トンネル銃撃空襲」「硫黄島から戻ったいイチョウ」そして、「砂川の記憶−57年目の証言」の4本のドキュメンタリー上映と解説を行いました。好評でよかったです。

上映されたドキュメンタリーは、多摩探検隊のサイトでもご覧になれます。
# by matsuno-lab | 2012-08-02 04:24 | ニュース
多摩探検隊も、ついに100回放送となりました。
今回は、「砂川闘争」に関するお話です。
インタビュー、映像、写真などの協力をいただきました。
関係者の皆様へ、心より感謝申し上げます。



「砂川闘争」
終戦から10年後の1955年、現在の東京都立川市砂川町で起きた。米軍立川基地の拡張をめぐって、地元農民と支援する労組、学生たちが起こした反対運動。結果的に、基地拡張は中止になった。
# by matsuno-lab | 2012-08-01 11:20 | 多摩探検隊
平成24年度八王子市生涯学習センター南大沢分館共催講座
「僕達はなぜ戦争を記録するのか~多摩の戦跡を追って・中央大学松野良一ゼミナール」

京王多摩線南大沢駅下車です。

8月1日14時から16時です。
# by matsuno-lab | 2012-07-13 23:09 | ニュース


「のらぼう」とは、何か!なんと、江戸時代に、飢饉の際に、武蔵五日市地区を餓死から救った野菜だったのです。それも、由来の名前は「ジャバ菜」。ジャワ島から来た野菜ですが、もともとは地中海が原産らしい。オランダが東インド会社の本拠地があったジャワ島に持ち込み、さらにそれが日本に渡ってきたらしいです。

その「のらぼう」とは、どんな野菜で、どんな味がするのか?さらに、それで村おこしまでやろうという地元の方々まで取材しました。
# by matsuno-lab | 2012-07-01 22:18 | 多摩探検隊


第98回 多摩探検隊 「未来へつなごう!昭島のお菓子屋さん」 (2012年6月放送)

今回の多摩探検隊は、「昭島子ども放送局」をお送りします。昭島市立つつじが丘南小学校の児童3人が、70年以上の歴史があるお菓子屋さんをリポートします。お菓子作りに­も挑戦しました。その出来栄えはいかに!
# by matsuno-lab | 2012-06-01 11:50 | 多摩探検隊

町田市に残る日本最古の甘柿、「禅寺丸柿」。その歴史とは?その味とは?「禅寺丸柿」をまるかじり、農家の方の思いに迫ります。そして、「禅寺丸柿」を使った柿ワインも試飲します。

確かに、昔は、種の多い柿が一杯あったなあと思い出します。
# by matsuno-lab | 2012-05-01 12:11 | 多摩探検隊
ゼミとして何か貢献できないかと考え制作しました。

2011年3月11日の東日本大震災の津波により、大きな被害を受けた岩手県田野畑村。

その村に25年前、修学旅行に行った当時の中学生たちが、「田野畑村を応援する­会」を立ち上げました。岩手県田野畑村と東京都日の出町、約600キロ離れた2つの地を結ぶ心の交流を描きます。

(注意事項)一部、津波の映像があります。


# by matsuno-lab | 2012-04-01 08:40 | 多摩探検隊

4年生追い出しコンパ

今年も4年生を、追い出しました。
f0361918_10353956.jpg


今年は、私が研究専念期間だった2009年にゼミを担当してもらった電通の岸勇希君も駆けつけてくれました。

皆さん、卒業、おめでとうございます。またOBOG会で会いましょう。
# by matsuno-lab | 2012-03-17 20:37 | ニュース

授賞式

年間でよく活躍した団体、個人に贈られる「渋谷健一奨励賞」と「学員会会長賞」の2つを、FLP松野ゼミが同時受賞しました。

f0361918_10353984.jpg


どちらも、中央大学内では、ゼミや学生に与えられる賞としては最高権威の賞ということらしいので、大変、ありがたいことです。

福原学長(右)、橋本法学部長(左)と一緒に、写真におさまりました。
# by matsuno-lab | 2012-03-16 20:43 | 受賞

Journalism & Media Studies


by matsuno-lab